営業効果がある・反響があるチラシを作成したい!

チラシデザイン

広告媒体は新聞や雑誌などの紙媒体からWEBサイトでの広告が主流になってきましたが、新店舗の開業やお店のキャンペーン、営業資料や会社案内などでチラシの印刷物の制作は昔と変わらず必要とされています。これは紙媒体の魅力である手に取る実感で直感的に読者に訴えかける訴求力がWEB広告よりも優れているからでしょう。
しかしチラシデザインの制作に際して 原稿や広告の方向性を間違えると全く効果の無い広告になってしまいます。
極端な話ですが、駅前でお店の特徴をびっしり書いたチラシを配ると、受け取った人の多くは読む気力を失い捨ててしまう傾向があります。また営業の際 会社のモットーをインパクト重視でデザインしたチラシを渡してもお客様が知りたいことが書かれていない内容に営業チャンスを失うでしょう。これは極端な話なのでありえないとお考えになる方もいらっしゃると思いますが、チラシを受け取る人が何を求めているか?ということを理解して作成されているチラシやパンフレットは多くありません。制作する側の広告したい事を全面に押し出す内容がほとんどです。特にチラシやパンフレットを1度だけ作成して効果がないので制作を止めるという方のチラシやパンフレットに多く見られます。
営業効果がある・反響があるチラシを作成したい!
この考えはチラシを作成する人が誰しも考えることです。

ではどのような考え方で作成すればそのような形になるのでしょうか?

意欲を掻き立てる

人間の習性のお話になるのですが、人が商品を購入したり、セミナーに参加したりと何らかの行動を起こすときは、
無意識に購入したり、参加するのではなく、
『商品に納得して購入』『イベントに共感して参加』すると言われています。
これをチラシで考えると、納得させたり、共感させることにより意欲を掻き立て、
反響や営業効果が出るチラシができると考えられるのです。

配布状況に合わせたデザイン

配布する状況によってもチラシの構成を検討する必要があります。
例えば駅前で配られるチラシは歩きながら読むために、読みやすさや、一瞬で内容が理解できる構成である必要がございます。

営業ツールとしてのチラシであれば、顧客に商品を購入して貰うためのストーリーをサポートする内容や
顧客が困っていることに対してのメリットが詳しく書かれたチラシ、
受け取り手が新たな知識を知って感動できるチラシなど
受け手がプラスになるような項目、何を欲しがっているかをリサーチし、その内容を記載する事が必要になります。

このように配布状況にあわせて文字のサイズやアイキャッチ画像の面積を選定することはチラシ制作の秘訣と言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です