大阪市で労災特別加入について社会保険労務士事務所をお探しの方へ見て頂きたいチラシ

大阪市中央区にある社会保険労務士事務所『安達社会保険労務士事務所』さまより、宣伝チラシの作成・印刷のご注文をいただきました。
労災特別加入に力を入れておられ社会保険労務士事務所です。

大阪市で労災特別加入について社会保険労務士事務所をお探しの方は、ぜひ『安達社会保険労務士事務所』へお問合せください。

労災特別加入の社会保険労務士事務所チラシa

安達社会保険労務士事務所
(社会保険労務士登録番号 第27990039号)
〒540-0012
大阪市中央区谷町1-7-4 MF天満橋ビル8F

■ お問い合わせはお気軽に上記までお電話下さい。
受付9:00~18:00※但し、土日祝日除く

社会保険労務士事務所のチラシデザイン

一人親方の皆様へ
現場の安心安全に労災特別加入は欠かせません!!

カンパニーリスクマネジメント協会
労災特別加入なら
一人親方会へ
http://www.oyakatar.jp

ご存知ですか?一人親方は現場労災が使えません

対象
・元請会社の従業員
・下請会社の従業員
・下請個人業者の従業員

対象外
・建設業
・一人親方

独立自営で仕事をする一人親方の皆様は、現場労災が使えません。
別途、労災の特別加入制度へ加入する必要があります。

一人親方等労災特別加入制度に加入の必要あり

☆現場で加入している元請の労災が適用されるのは、元請や下請会社に雇用されている従業員のみです。
☆請負で仕事をされる方は、自営業者の扱いになり、労災でいう労働者の扱いにならないため、現場の元請労災は使えません。
☆建設業の一人親方とは、労働者を使用しないで建設の事業に従事している方を言います。
特に職種の限定はなく、大工、左官、石工、塗装工、配管工、土木、電気工事業、建設機械オペレーター、建具工、鉄骨加工等が該当します。
※労働者を使用しないとは、労働者(日雇、パート、アルバイト含む)を使用していない方を言いますので、会社の代表者であっても労働者を
使用していない場合は、一人親方となります。
また、労働者を使用していても、アルバイトなどを1年間に延べ100日未満で使用している場合は、一人親方となります。

■労災に特別加入すると
・ケガの治療費や入院費など全額
・働けない間の収入補償
・重い障害が残った場合一生続く年金と介護費用の補助
・軽い障害が残った場合まとまった一時金
・万一亡くなられた場合は葬祭料とご遺族へ遺族年金
これだけの補償がついてきます

■万一の労災事故の場合は?
→手続きは労災申請の専門家社会保険労務士が行い、申請費用は不要です
事故でケガをしたらすぐに事務局にご連絡下さい。その後の手続きの流れをご説明し病院、また監督署に提出する必要な書類を作成します。
事務局は、労災申請手続きの経験豊富な社会保険労務士事務所が行いますので安心です。
『この労災申請手続き費用は不要です。
大変なときに別途の手続き費用を頂くことはありません。』

■保険加入に必要な費用は?
治療で働けない間の収入補償(日額の80%)や年金の計算のもとになる日額をいくらにするかで保険料が変わります。ご自身の収入に見合った金額でお選び下さい。

*年度途中(5月から翌年3月迄)での加入は金額が変わ ります。詳しくはHPか、下記までお問い合わせ下さい。

■年間事務会費は1万円のみ
入会金や万一労災時の申請費用は一切不要です。
もちろん携帯可能な加入証明書を発行します。

分割加入制度スタート!!
詳細は裏面へ

労災特別加入の社会保険労務士事務所チラシb

「安全な現場は健康が第一!! 健康診断費用を補助します」
加入期間中に健康診断を受診された場合、領収証等のご提出で受診費用の一部(1,000円)を補助します。
*但し、4月(加入月)から翌年3月迄年1回

カンパニーリスクマネジメント協会一人親方会
労災特別加入事務局
(カンパニーリスクマネジメント協会とは
事業のあらゆるリスクに備える専門家・会員の団体です)

分割加入制度スタート!!

「加入費用の分割支払いができませんか?」のご要望にお応えする制度です

■ まずは3月に前期 4月1日 ~ 9月30日迄 半年間の保険料・事務会費をお支払いいただきます。
「加入証明書」の期日は、9月30日迄になります。

■ 9月に後期 10月1日 ~ 翌年3月31日迄 半年間の保険料・事務会費をお支払いいただきます。
「加入証明書」の期日は、3月31日迄になります。

【保険料・会費比較】
例) 給付基礎日額3,500円の場合
▼一括加入 保険料 24,263円  会費 10,000円 合計34,263円
▼分割加入 保険料 12,132円  会費  6,000円 合計18,132円(半期)、36,264円(年間)

【分割加入に関する Q&A】
Q.前期加入したあと、後期の加入にはどんな手続きが必要ですか?
A.8月の後半に後期加入に関するご案内をお手元に送付させて頂きます。前期加入と同様に、後期加入に関する申込書と後期分保険料・会費のお支払を頂きます。

Q.分割加入の場合、事務会費が2千円高くなるのはなぜですか?
A.分割加入の場合、加入証明書を前期・後期で2通発行することになるのと、8月に再度の更新案内もあり、一括加入と比べ事務コストがかかります。その負担分としてご理解をお願い致します。

Q.前期のみの加入も出来ますか?
A.はい、前期のみの加入もして頂けます。その場合、後期加入ご案内時に「脱退届」をご提出ください。ただ、万一の事故に備えて継続してのご加入をおすすめいたします。

Q.万一労災事故が起こった場合、一括加入と分割加入とで何か差はありますか?
A.一括加入と分割加入とでの差はありません。分割加入であっても、前期・後期いずれかの加入中であれば労災補償の対象になります。ただし、後期更新のお申し込みが無い場合は、前期(9月30日)で補償は終わりますのでご注意下さい。


社会保険労務士事務所のチラシをデザイン作成から印刷まで

安達社会保険労務士事務所さんでは、労災特別加入に力を入れておられます。
その意向に沿って、今回は工事現場などで働く人のイメージ画像を採用したデザインです。
デザインの色や配置も大切ですが、使用する写真も一工夫する必要があります。

社会保険労務士事務所のチラシをデザイン作成から印刷まで短納期で対応可能です。
まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。
社会保険労務士事務所のチラシデザイン制作のアリキヌ   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です