過払い金・返済にお悩みの方へ、東京都足立区にある司法書士事務所の三つ折りパンフレット

東京都足立区にあるクラオリーガル司法書士事務所様より、過払い金・返済にお悩みの方へ向けた両面カラー三つ折りパンフレットの制作・印刷依頼を頂きました。
東京都足立区近辺で司法書士事務所をお探しの方は、クラオリーガル司法書士事務所にお問い合わせください。

東京都足立区クラオリーガル司法書士事務所a

クラオリーガル司法書士事務所
住所 〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター10階
受付時間 8:00~22:00 土日対応
http://www.klao.jp/
認定司法書士阿部 廣一郎
東京司法書士会所属 登録番号4990 
簡裁訴訟代理関係業務 認定番号701045

以下、三ツ折りパンフレットのデザイン紹介です。

司法書士事務所三つ折りパンフレットのデザイン

「過払金」
返済中の方も、完済された方もご家族や職場に知られることはありません。
完済分の過払金の調査は0円で着手いたします。

相談無料
費用分割可能

~私たちは返済に苦しむ方々を徹底的にサポートします。~

▼取立てが直ちにストップ!
当事務所は契約後すぐに受任通知を出しますので、債権者からの取立が止まります。

▼報酬が払えない…というご心配も無用!
当事務所への報酬は取立が止まったあとからで結構です。分割払いも承ります。

何度でも無料でご相談に応じます!

・業者の催促がストップ!
・払い過ぎを返してもらう
・債務総額の減少
・将来利息を軽減(カットできる場合もあります)
↓↓
認定司法書士による任意整理という解決方法
面倒な手続は認定司法書士が行います。

『クレジットカードの過払い金。見逃していませんか?』
【40代主婦の声】
クレジットカードの支払いって結構苦しいです。10年ほど前スーパーで勧誘されて作った“クレジットカード”、最初は日々の生活費のためだけに計画的に使っていたのですが、キャッシング機能がついていることを知り、子供の教育費などの支払いをするため、つい借入をしてしまいました・・・ついには毎月の支払いが9万円にもなり、パートの収入だけではとても払い切れず、夫に借金がバレてしまうのではないかと毎日不安でした。
しかし“クレジットカードでも実は過払い金が発生している可能性があることを知り”、司法書士の先生にご相談することにしました。
借入れたときの金利が28.8%と利息制限法の制限利率を超える高利だった為、元々あったキャッシング残高約50万円を約10万円にまで減らすことができました。ショッピング分と合わせても残りの借金は30万円になり、さらに今後の支払いについては無利息の36回分割で組み直して頂いたので、毎月8,300円の支払いで済むようになりました。

『ご挨拶』
依頼を正式にお受けするまでは
相談は無料でお受けしています。
債務整理の全体の流れ、解決に至るまでの選択肢、そのメリット・デメリット、発生する費用など直接面談の上、所要時間に制限なく何度でもご納得いただけるまで相談をお受けいたします。
当事務所では一人一人のご相談に充分時間をかけてヒアリングを行っており、秘密厳守の観点から完全予約制・完全個別相談とさせていただいておりますので、これまで借金問題の相談に不安を感じていらっしゃった方も安心してお問い合わせ下さればと存じます。

クラオリーガル司法書士事務所 代表阿部 廣一郎
東京司法書士会所属 登録番号4990  簡裁訴訟代理関係業務 認定番号701045

【ACCESS】
1. JR・地下鉄「北千住駅」仲町口を出ます(正面に“千寿診療所”の看板が見えます。)
2. 正面の道を左に行きます。
3. 「am pm」「千住警察署」のある交差点を右折します。
4. 「足立成和信用金庫」の赤い看板が見えたらその一つ先の大きなビルです。

東京都足立区クラオリーガル司法書士事務所b

消費者金融の破綻が相次いでいます! 早急にご相談下さい。

▼過払金返還請求とは?
法定利率を超える高い利率での取引をしてきた場合、業者に対し“本来支払うべき金額以上のお金を返済しており、この余分に支払ったお金のことを「過払い金」と言います。過払い金が発生している場合、お金を借りていた方は業者に対し逆に「余分に支払ったお金を返してくれ」と主張することができ、この「返してくれ」という主張を“過払い金返還請求”といいます。業者との貸し借りの立場が逆転することになります。

▼法定の金利以上でお金を借りていませんでしたか?
かつて、金融業者のほとんどは罰則のない「利息制限法」より高く、罰則のある「出資法」より低い金利で貸し付けていました。
この「利息制限法」と「出資法」との間の利息がいわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。2010年6月18日の改正貸金業法の実施によりグレーゾーン金利は完全撤廃され、この金利で貸し付けると行政処分または刑事罰の対象となります。

利息制限法を超えて払いすぎた過去のグレーゾーン金利分を差し引き計算し、返済金額の減額や過払い金の返還を求めていきます。

もともと18%の利息で借りていた方も“債務整理”はできます!

【今後の利息はカットできます。】
司法書士に任意整理を依頼すれば、司法書士と相手方との交渉で月々の支払いにかかる金利がカットできます。
例えばあなたの借金が50万円、年利18%、1ヶ月の返済額が2万円の場合、その金利は約7,500円です。つまり元金は月々12,500円しか減っていかないことになります。これが、司法書士に依頼することにより利息をカットすることで7,500円×12ヶ月=9万円の利息がなくなり返済が楽になり完済も早くなります。
※交渉によっては出来ない場合もあります。

~1つでも心当たりのある方はぜひご相談を!~
法律相談チェックシート(Check!)

借金問題
□ ご自身の収入だけでは毎月の返済が苦しくなった方
□ 借金生活から早く抜け出したい方
□ 金額の大小に関わらず、長期間“借りて返して”を繰り返している方
□ 住宅ローン・不動産担保ローンの返済でお困りの方
□ 家族や知人に内緒で解決したい方(破産・個人再生を除く)
□ 過去に借金を完済している方(特に平成15年、16年ころに完済したと
  ご記憶の方はお急ぎください!時効が迫っています)
□ 支払いが遅れていて将来が不安な方
□ 今の借金を一本化しようかとお考えの方
□ 20%以上の利息で借金を返済中、または完済された方

▼過払返還請求をするメリット
*借金がなくなり、払いすぎた利息分が返ってきます。
*返還された過払金で、他の業者の借金返済に充てることができるので 借金がなくなる可能性も高くなります。
*既に完済している場合でも過払金返還請求はできます(但し完済後10 年内)

2010年4月19日以降、過払金返還請求をしても信用情報機関に登録されなくなりました

過払い金は取引終了時から10年経過すると時効にかかり返還請求できなくなります!
(今すぐ返還請求して、失いかけているあなたの大切な財産を取り戻すことをお勧めします!)

【事例1 借金が減り、毎月の返済が4分の1になった! 自営業 Kさん(45歳)】
不景気で事業がうまくいかず、仕方なく消費者金融から借入を始めてしまったKさん。瞬く間に借金は膨れ上がり総額で263万円にまでなり、返済月額も10万円近くにまでなってしまいました。いよいよ行き詰まって当事務所へご相談に来られたのですが任意整理で交渉した結果、263万円の借金は86万円まで減り過払い金も10万円取り戻すことができました。過払い金の10万円は借金等に充て、現在では残りの借金を毎月2万円ずつ返済しています。「毎月の返済額が4分の1に減り、完済が見えてきた」と喜んで頂けています。

【事例2 長い間コツコツ返済してきたOさん。借金がゼロになっただけでなく、過払いも取り戻せました! 主婦 Oさん(59歳)】
主婦として真面目に家計をやりくりしてきたOさんですが、急な出費や子供の教育費の増加があって不足分は消費者金融から借入していました。長年夫には内緒で“借りては返し・・・”を繰り返してきましたがとうとう借り入れの限度額がいっぱいになってご相談に来られました。任意整理でご依頼頂いた結果、6社中5社の借金はすでに無くなっていることが判明し、逆に335万円もの過払い金を取り戻すことができました。残った20万円の借金は過払い金で返済でき、今では借金に怯えることなく余裕のある生活を送っておられます。

【事例3 過去に完済している方もお金が戻ってくることがあります! 無職 Iさん(65歳 年金生活)】
Iさんは昔、サラ金3社から借入をしていましたが、家族の援助などで7年前にすべての借金を払い終えています。その後、新聞・テレビ等で「過払い金」の存在を知り当事務所へご相談に来られました。幸い最後の取引日(完済日)から10年経過していなかったので、過払い金を合計179万円取り戻すことができました。
10年を過ぎてしまうと過払い金は“時効消滅”してしまう可能性がありますが、Iさんは早めのご相談を頂いたことで無事に取り戻すことができました。


司法書士事務所のチラシをデザイン作成から印刷まで

今回のポイントは「過払い金の返還」「返済金額の減額」です。
赤色配色で表紙に大きく取り上げ、目を引くデザインにしています。
大事な箇所は赤色で目立たせ、それ以外は安心感と信頼感を与える青色をベースとした色合いで落ち着かせています。

司法書士事務所のチラシをデザイン作成から印刷まで短納期で対応可能です。
まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。
司法書士事務所のチラシのデザイン制作のアリキヌ   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です