大阪府吹田市にある機能強化型在宅支援診療所のパンフレットデザイン

大阪府吹田市にある機能強化型在宅支援診療所【医療法人 あいぜん会 あいぜん診療所】様より四つ折り両面カラー刷りパンフレットのご注文を頂きました。

パンフレットデザインをご紹介いたしますので、ご興味を持たれた方は大阪府吹田市にある【医療法人 あいぜん会 あいぜん診療所】までお問い合わせください。

大阪府吹田市の診療所パンフレットa

医療法人 あいぜん会
あいぜん診療所( 在宅療養支援診療所 ) 
(みなし居宅介護支援事業所 事業所番号:2711607297)

〒565-0821
吹田市山田東1-36-1-105

機能強化型在宅支援診療所パンフレットのデザイン

AIZEN CLINIC
機能強化型在宅支援診療所

医療法人 あいぜん会
あいぜん診療所

当クリニックは、在宅医療に携わり、これまで沢山の患者さんを診療してきました
多くの実績とノウハウがございますので大切なご家族を安心してお任せいただけます

夜間や休日 365日 緊急時も連絡可能!

◆内科専門医の診療
日常生活の中で起きる身体のトラブルや慢性疾患等の治療

◆精神科専門医の診療
認知症や老人性うつ病等の治療

◆整形外科専門医の診療
転倒骨折やひざ痛み、リュウマチ、関節拘縮などの治療

◆リハビリテーションの実施
ストレッチ・筋力トレーニング、日常生活の動作の練習など

【関連施設のご案内】
・あいぜん伊丹クリニック
夜間や休日も365日電話が繋がる在宅療養支援診療所です。
医師がご自宅に定期訪問診療、臨時往診、夜間・休日の処方や処置、連携病院への入院取次ぎなどさせて頂きます。

・あいぜん伊丹治療院
治療院を併設。
あんま師、鍼灸師が施術治療致します。
医療はり・きゅう・マッサージや運動療法をご利用の方にあわせて行います。

【在宅医療開始までの流れ】
・ご相談
お電話にてご相談下さい。病歴や現在の状況などを簡単にお伺いいたします。

・ご面談
ご都合のよい日にご本人またはご家族と担当医が面談いたします。(要予約)

・初回訪問
ご面談で決めた日に初回の訪問診療を開始いたします。

・定期訪問
ケアマネージャーや介護支援事業所などと連携しながら月2回の訪問診療を実施いたします。
(必要に応じて訪問回数は変動いたします。)

【在宅医療の費用】
◆1割負担の場合 (月2回訪問の方 )

『医療保険』
・訪問診療料 833点×2回=1,670円
・在宅時医学総合管理料 4,600点×1回=4,600円

『介護保険』
・居宅療養管理指導費Ⅱ 292単位×2回=580円

合計 6,850円

※上記は個宅などの基本的な料金です。
必要に応じて検査、医療材料、薬剤、器具等別途費用が発生いたします。
医療証等をお持ちの方は費用負担が軽減される場合もあります。
詳しい内容につきましては直接お問い合わせ下さい。

【診療時間】
・外来診療
9:00~11:30 ※受付は11:00まで
※水曜午前・土日休診

・訪問診療
13:00~17:00
※土日休診

大阪府吹田市の診療所パンフレットb

~在宅医療のご案内~

【在宅医療のご案内】
当診療所の在宅診療は、住み慣れたご自宅でご自身やご家族の生活を維持しながら、診察・看護・リハビリ三位一体のより質の高い医療を実現します。

・いつでも安心
夜間・休日関係なく、365日いつでも電話が繋がる在宅療養支援診療所です。訪問は吹田市・豊中市・箕面市・茨木市・摂津市など診療所から車で概ね30分内の範囲。

・緊急時も医師が対応
定期訪問診療以外に、容体急変時は臨時往診や連携病院への入院取次をいたします。

・精神科医・整形外科医の診察
精神科・整形外科の医師を配置していますので、各科領域の疾患に対して専門医による訪問診察を実施しています。

【保険で訪問看護・リハビリ】
医療保険、介護保険で 訪問看護・訪問リハビリを実施しております。

◆ 訪問看護では次のような看護・処置を実施しております。
・訪問点滴、在宅高カロリー輸液、胃瘻栄養管理、カテーテル管理
・清拭や洗髪など清潔のお手伝い、褥瘡・傷の予防と処置
・急変時の看護と処置、癌患者のターミナルケアなど。

◆ 訪問リハビリは当診療所所属の理学療法士が実施しております。
次のような疾患や症状の方はご相談ください。
・脳血管障害後遺症・変形性関節疾患・廃用性症候群・慢性関節・リウマチ・肩関節周囲炎・
 パーキンソン病・転倒後の骨折など
・以前より横になっている時間が多くなった。または寝たきりの方。
・歩行困難な方。
・トイレに行くのが大変になった。
・食事の際に坐位を維持できない。
・リハビリの通院が大変で通院できなくなった。

~在宅診療の実績・在宅医療のよくある質問~

【在宅診療の実績】
当診療所では、平成13年5月から在宅診療に取り組み、老人ホームや個宅の患者さんに
在宅医療を実施しています。

・当診療所における在宅医療
内科一般・慢性疾患・末期癌・認知症などで通院困難な患者さんに対して在宅医療を実施しております。精神科・整形外科の医師、理学療法士も配置しています。

・当診療所の登録医・病診連携先
吹田市民病院・箕面市立病院・大阪府済生会千里病院・
市立豊中病院・医誠会病院・国立循環器病研究センター病院・おおくまセントラル病院など。

【在宅医療のよくある質問】
Q.在宅医療とは?
A.ご自宅で医療を行うことです。医師による訪問診療・看護師による訪問看護・理学療法士による訪問リハビリ・歯科医師による歯科診療などがあります。

Q.往診と訪問診療の違いは?
A.往診とは、患者さんの求めに応じて、急変時に緊急で訪問し診察を行うことです。これに対して訪問診療は、寝たきりなどで通院困難な方のご自宅を定期的に訪問し計画的に診療を行うことを指します。

Q.訪問診療で何をしてもらえるのか?緊急時は大丈夫?
A.月2回以上の定期訪問を通じて病状を把握し、適切な治療・処置を施します。薬の処方、注射や点滴などの医療管理、療養指導などを行います。定期訪問している患者さんの容体が急変した場合は、夜間・休日関係なく365日いつでも電話が繋がります。まず、電話でご連絡いただき、必要に応じて臨時往診や連携病院への入院取次をいたします。


病院・診療所のチラシをデザイン作成から印刷まで

在宅医療に力を入れてらっしゃる地域密着型の診療所のパンフレットです。
在宅医療や診療内容について、見やすさ・分かりやすさを考慮したデザインです。
また、清潔感があり親しみを持ってもらえる色味になる様考慮します。

病院・診療所のチラシをデザイン作成から印刷まで短納期で対応可能です。
まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。
病院・診療所のチラシデザイン制作のアリキヌ   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です