大阪府東大阪市で行われた経営者セミナーの案内チラシをご紹介します

賃金・退職金連絡協議会関西事務局主催の経営者セミナーが、大阪府東大阪市にある東大阪商工会議所で行われました。
セミナー案内チラシの作成と印刷依頼を頂きましたので、そのデザインをご紹介いたします。

商工会議所セミナーの案内チラシa

■主催
賃金・退職金連絡協議会関西事務局

■講師
社会保険労務士 安達 俊明

セミナー案内のチラシデザイン

緊急開催
~100年企業を目指して強い組織作りを~
東大阪商工会議所会員の皆様へ

経営者様限定セミナー
おかげさまで大好評!10社限定!!
就業規則の簡易診断(無料)を特別に行います。

最新情報満載!
人事と財務の懸案解決
就業規則・未払い残業・退職金経営課題解決セミナーと個別相談会

日時:4月14日(月)13:30~16:30 (開場 13:15)
場所:東大阪商工会議所502号室 東大阪市永和1-11-10
参加費:お1人様 15,000円(税込)
定員:10社限定(各社2名様迄)※1社2名ご参加の場合は合計2万円とします
参加資格:経営者・後継者・決定権者以外のご参加はお断りしております。
お問合先:セミナー担当者

【参加者特典】
ご参加いただきましたすべての経営者の皆様への特典です。

・御社の就業規則・退職金規程の簡易診断をします(大好評です!)
原本またはコピーをご持参ください。

・無料で講師による個別相談会を受講できます
本来は有料で実施する相談会を無料で受けられます。

・無料で冊子「トラブル予防 ケース別実践編」を進呈します
講師による最新の労務管理マニュアル、退職合意書等すぐに使える様式集がセットです。

【セミナープログラム(抜粋)】
第1部 トラブル防止の為の「就業規則」徹底解説

①就業規則がなぜ会社を守るのか?見直しは経営サイド主導で
②監督署調査対応、人事トラブルの予防は就業規則の内容次第
③雇用のミスマッチを防ぐ採用時の工夫
④経営者が必ず知っておくべき「解雇」と「退職勧奨」の違い
⑤トラブルを招かない「退職勧奨」の進め方と本人から貰っておくべき文書
⑥深刻化するWEB/メール私用による会社機密情報の漏えいと防止策
⑦「メンタルヘルス」「長期休職者」対策、「休職規定」はこう記載する
⑧服務ルールは詳細に、懲戒処分は手順に則り厳格に
⑨誤解の多い「65歳雇用延長」、高齢者雇用への企業側対応策
⑩労働組合・労働審判、多様化する労使トラブルは初動対応がポイント

第2部 改革事例紹介 残業代対策、退職金制度見直し
①深刻化する「未払い残業問題」、そのまま放置が最も危険
②営業職へは営業手当支給、未払い残業代請求リスクは?
③「名ばかり管理職問題」はこの対策でリスク排除
④「固定残業代」導入、ここを外すとかえって逆効果
⑤人件費の予算内で残業ルール整備、実施すべき改定事例を公開
⑥休日の増加、法定福利費、昇給0でも増大する人件費アップへの対策
⑦退職金制度、なぜ上場企業が「基本給連動」退職金を止めたのか?
⑧先延ばしするほど隠れ債務が増大!具体的な「退職金改革」スキーム
⑨退職前の引き継ぎ、競業転職防止に有効な退職金支払いのポイント
⑩退職金制度改革=支払資金準備制度の見直し、財務への悪影響を排除

御社個別の課題は相談会(無料)でフォローします!

■主催
賃金・退職金連絡協議会関西事務局

■講師
社会保険労務士 安達 俊明
安達社会保険労務士事務所 代表
大阪市中央区谷町1-7-4 MF天満橋ビル
http://www.fp-s.co.jp

商工会議所セミナーの案内チラシb

~先延ばしはNG!~

『未払い残業』『名ばかり管理職』『雇止め・不当解雇』『うつによる長期休職』、
さらには『65歳までの継続雇用義務』等。

最近よく耳にする経営者のお悩みのテーマです。
社内ルールや方針が未整備の状態のままでこの問題に直面すると、人と金銭の社外流出につながります。 
社内ルールを“治療型”から“予防型”へ。これが喫緊の課題です。想定外の“リスク”を減らし、今後の会社運営に大きな禍根を残さないために「就業規則・未払い残業・退職金経営課題解決セミナー」を開催いたします。本セミナーは、内容の性格上参加を経営者の皆様に限定し、現状の人事に関する経営課題を本音で解決していく内容でお届けします。

あのリーマンショックから5年…経済環境の激動の中、人事労務の分野でも非正規労働者の割合が3割を超え、有期雇用社員の雇止め等の影響で雇用の流動化が進みました。高度成長時代にあった労使間の信頼関係は過去の話となり、いわゆる「モンスター社員」と呼ばれる社員の出現、「うつ病をはじめとするメンタル面の疾病を理由とした長期休職」、「退職後の社員からの過大な残業代請求」などが急増する状況となっています。また、「労働契約法」、「労働者派遣法」、「高年齢者雇用安定法」等、規制強化となる法改正が続けて行われ、「ブラック企業」という言葉も盛んにマスコミに登場する状況になりました。このような環境の中良き家族主義に基いた経営を守ってこられた会社も周りの環境変化と無縁では無く、新しい時代変化に対応した自社独自の人事労務管理体制の再構築が求められる時代になりました。

 そこで今回、最新の動向をふまえた課題解決をテーマに「就業規則・未払い残業・退職金経営課題解決セミナー」を開催いたします。経営において財務・人事は車の両輪に例えられます。労働人口が減少していく中で、将来に向け事業を継続し発展させる為には、規律を守り、かつモチベーションの高い社員の存在が不可欠です。解雇や残業代請求等後ろ向きのトラブルに足元をすくわれ、金銭のみならず多大な時間的コストを支払うような事態を避ける為にも、事前に今の時代に合った就業規則を定め、適切な人事労務管理を行うことにより「トラブル予防」を図ることが何より重要です。

  本セミナーは、「トラブル予防の就業規則」「未払い残業問題の解決策」「財務を不安定化させない退職金」のテーマを中心に、人事財務を包括した実践的な課題解決にお役に立つ内容となっています。なお、このセミナーは経営者の皆様(奥様、後継者予定の方を含む)限定としておりますので、ご了承下さい。

『人事の基盤をきずき、企業の継続発展を支える組織つくりを!!』
・就業規則
解雇や不祥事後ろ向きトラブルを発生させない 

・労働時間制度
人件費の総枠内で未払残業リスクを無くす

・退職金制度
財務を不安定にさせない

■講師紹介
安達 俊明氏

社会保険労務士
安達社会保険労務士事務所代表

同志社大学卒業後、地方銀行に入行、預金営業からスタートし、新規店舗の開設プロジェクト、また事業融資の新規開拓業務を経験後、本部お客様相談室にて各支店からの個人・法人相談案件をファイナンシャルプランナーとして解決サポートする業務に従事。15年間銀行勤務の後独立。
1999年3月に社会保険労務士事務所開設。「人事と財務は車の両輪」の持論のもと財務もわかる社会保険労務士として総合的な経営課題の解決を武器にコンサルティング業務に特化した社労士事務所として活動中。
経営者目線で語る「人事労務管理」に定評あり、積極的なセミナー講演や数々の案件を解決する他、上場準備に伴う労務管理体制の構築支援や、弁護士事務所の依頼を受けM&Aに伴う労務監査等の業務も行う。

■主催
賃金・退職金連絡協議会 関西事務局

賃金制度(各地域の実在賃金・評価制度)・退職金制度(中退共・厚生年金基金・確定拠出等)及び最新の雇用問題・就業規則・退職金規程や職場のメンタルヘルス等の各分野で卓越した実績を誇る社会保険労務士のみを厳選した全国組織のネットワークです。当協議会認定のコンサルタントが中小企業経営者の皆様に最新の情報と解決方法をご提案いたします。

関西事務局 大阪市福島区海老江2-1-31 青山ビル8F ホロスプランニング

東京事務局  東海事務局   関西・北陸事務局
九州事務局  西九州事務局  南九州事務局


セミナーのチラシをデザイン作成から印刷まで

セミナーのチラシを作る時は、セミナーに参加することで参加者が受けるメリットを大々的にPRすることで、興味を持って貰う事が重要です。
参加したくなるようなキャッチコピーを作成することも大切です。

セミナーのチラシをデザイン作成から印刷まで短納期で対応可能です。
まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。
セミナーのチラシデザイン制作のアリキヌ  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です